初めての方も上級者も楽しめる四谷三丁目・曙橋のポーカー教室

テキサスホールデムのルール

概要

カジノでは、様々な種類のポーカーがあります。
マシンと勝負するもの(ビデオポーカー)、カジノのディーラーと勝負するもの(カリビアンスタッドポーカー・パイガオポーカー・レットイットライド等)、お客様同士が勝負するもの(テキサスホールデム・セブンスタッド・オマハ等)と多数あり、中でもテキサスホールデムは、優勝賞金が10億円以上にもなる世界大会が開催されるなど、世界的に人気のゲームとなっています。

使用する代表的な道具

テキサスホールデムレイアウト

基本ルール

プレイヤー毎に配られた2枚のカードと5枚の共有札(コミュニティ・カード)、計7枚を組み合わせて5枚で手役を作り、役の強いプレイヤーが勝ちとなります。

一般的なゲーム進行の流れ

  1. カードを伏せて参加者全員にカードが2枚づつ配られます。
  2. プレイヤーはその2枚のカードを見て、他のプレイヤーに勝てると思ったら、チップを賭けることができますし、勝てないと思ったら降りることもできます。
    順番に全員の判断を決定していき、全員の賭け金が揃ったら、ディーラーの前に表向きにカードが3枚配られます。
  3. 各プレイヤーはその場に出された3枚と、自分の持っている2枚のカードを合わせ、前回と同じように賭けるか降りるか判断します。
  4. 全員の賭け金が揃ったら、ディーラーが表向きにカードを1枚配ります。場に配られている4枚のカードと、自分の持っている2枚のカードを使って、前回までと同じように賭け、もしくは降ります。
  5. 全員の賭け金が揃ったら、ディーラーが表向きにカードを1枚配ります。この場に配られた5枚のカードと自分が持っている2枚のカードで、賭けを行います。前回までと同じように賭け、もしくは降ります。
  6. 最終的に残っているプレイヤー同士で場の5枚、手持ちの2枚のカードの合計7枚のうち、5枚でポーカーの役を作り、誰が強いかで勝敗が決定します。勝ったプレイヤーが、今までの賭けで貯まったチップを獲得します。途中で自分以外のプレイヤーが全て降りてしまった場合も残ったプレイヤーが勝ちとなります。

ポーカーの役

rules_bsix01

<手役比較のルール>
・カードの数位は”A”(エース)が最も強く、以下”K, Q, J, 10, 9, 8, 7, 6, 5, 4, 3, 2”の順となる。
・ストレートで”A”(エース)を使う場合は、”2” もしくは ”K”(キング)のいずれかにしか使えない。
・カードのスーツ(柄)によるランク付けは行わない。手役を構成するカードの数位を基準とする。
・ツーペア同士の勝敗は ”高ランクのペア” → ”低ランクのペア” → ”余った一枚” の順で決める。

ポーカーで使われる主な用語

オールイン
(All-In)
手持ちの賭け金を全てゲームに投じること。
コール
(Call)
相手のベット金額と同額を出してゲームに残ること。
ショウダウン
(Showdown)
手札を公開して、手役の比較を行って勝敗を決すること。
チェック
(Check)
ベットの権利が回ってきても、何もせずに様子を見ること。
ディーラーボタン
(Dealer Botton)
プラスチックのボタンを各プレイヤーが持ち回り、このボタンの左隣の人からカードを配りだします。
ベット
(Bet)
あるラウンドで、最初に賭け金を提示すること。
フォールド
(Fold)
勝負をあきらめて、ゲームから降りること。
ブラインド
(Blind)
手札の良し悪しに関係なく、強制的に行われる賭け。
ディーラーボタンの次の人の賭け金をスモールブラインド(Small Blind)スモールブラインドの次の人の賭け金を
ビッグブラインド(Big Blind)と呼びます。
ラウンド
(Round)
プレイヤー同士が賭けを行うことができる局面。
最初の2枚を配られた時点をプリフロップ(Pre-flop)、ディーラーが場に3枚のカードを出したタイミングをフロップ(Flop)、4枚目がターン(Turn)、5枚目をリバー(River)と呼びます。
レイズ
(Raise)
相手が提示した賭け金以上を提示し、金額を吊り上げること。

歴史

ポーカーの原型となるゲームは、中世ペルシャで行われていた「アス・ナス」(As-Nas)というゲームであったとされています。その後、1800年初頭にかけて、フランスのポケ(Poque)と呼ばれるゲームが流行し、この名前がポーカーという言葉の語源になります。

現在行われているポーカーのスタイルは、アメリカのニューオリンズが発祥地とされており、1855年には「ドロー・ポーカー」(不要なカードを交換するポーカー)が完成しました。

その後、ポーカーのゲーム性はさらに進化し、1930~1940年頃には「7カード・スタッド」が開発され、1990年代後半から「テキサス・ホールデム」が爆発的な人気となり、今日ではこちらが主流となっています。

ワンポイントアドバイス

「テキサスホールデム」はゲーム進行手順や戦術などの基礎知識を習得することで勝率が大きく変わります。そのため、初心者は少数のテーブルで経験を積むか、カジノで実践する前に日本国内におけるカジノアミューズメント施設などでテクニックを身に付けることをお勧めします。

 

それでは、ゲームをやってみよう!Let’s get the game started!

 施設利用時間と施設利用料は、 こちら

 

※ページ内情報の無断転用を禁止いたします 。
JCSホールデム operated by 日本カジノスクール / 株式会社ブライト

お気軽にお問い合わせください。 TEL 03-5363-0777 (日本カジノスクール)
平日10:00~19:00 / 土曜13:00~21:00
 
店舗直通※土・日の営業日のみ
070-6474-3305
土曜14:00~22:00 / 日曜14:00~20:00

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+


PAGETOP
Copyright © JCSホールデム operated by カジノカフェ All Rights Reserved.