Black Jack ブラックジャック

概要(ブラックジャック)


ブラックジャックは、21(twenty one)という名称でも知られており、世界から愛されるカードゲームです。
カジノディーラーとの駆け引きがあるため、自分なりに戦略を立てられるのがこのゲームの人気の秘訣。ルールも覚えやすく、なんといってもブラックジャックの醍醐味は奥の深いゲーム性にあると言えるでしょう。

使用する代表的な道具(ブラックジャック)

基本ルール(ブラックジャック)


カジノディーラーとプレイヤーの対戦型ゲームです。
プレイヤーはカジノディーラーよりも「カードの合計が21点」に近ければ勝利となり、配当を得ることができます。ただしプレイヤーの「カードの合計が21点」を超えてしまうと、その時点で負けとなります。

【カードの数え方】
”2~9”まではそのままの数字、”10・J・Q・K”は「すべて10点」と数えます。
また、”A”(エース)は「1点」もしくは「11点」のどちらに数えても構いません。

【特別な役】
最初に配られた2枚のカードが ”Aと10点札” で21点が完成していた場合を『ブラックジャック』といい、その時点で勝ちとなります。配当は3 to 2(1.5倍)です。但し、カジノディーラーもブラックジャックだった場合は引き分けとなります。

ゲームの進行(ブラックジャック)


【1】カジノディーラーからの『プレイスユアベット』(賭けてください)の合図でゲームがスタート。
【2】ベッティングエリアにチップを賭けてください。※「賭け方と倍率」参照
【3】カジノディーラーからの『ノーモアベット』(締切です)の合図で賭けを締め切ります。
【4】カジノディーラーがカードを2枚ずつ配ります。
【5】カジノディーラーは順番に各プレイヤーに対してカードの追加を行うか(アクション)を聞いていきます。
  a. カードを追加(ヒット)する場合は、テーブルを軽く叩いてください。
    カードは何枚でもヒットできますが、21点を越えてしまうとその時点で失格(バスト)となります。
  b. 手持ちの点数が十分だと思ったら、手を横に振り、カードをいらないことを示し(スタンド)、
    その点数のままでディーラーと勝負することになります。
【6】プレイヤー全員が選択を終えた後、最後にディーラーがカードをめくり、17点以上になるまでカードを引き続け、勝負となります。
【7】ディーラーよりも21点に近いプレイヤーは勝ちとなり、賭け金と同額の配当を得ることができます。
   逆にディーラーよりも21点に遠いプレイヤーは負けとなり、賭け金は没収されます。
   なお、同点の場合はプッシュといい、引き分けとなります。

※上記は一般的なゲーム進行の流れであり、カジノのハウスルールによってルールは変動することがあります。

ベッティングエリアと倍率(ブラックジャック)

特殊ルール(ブラックジャック)



歴史(ブラックジャック)


ブラックジャックのルーツは18世紀にフランスで行われていた「ヴァンテ・アン」ゲームが原型といわれています。
「ヴァンテ・アン」とはフランス語で「21」を意味し、このゲームが19世紀にアメリカへ渡った際、「スペードのエースとスペード(またはクラブ)のジャック」でボーナスが支払われるようになり、そこから「ブラックジャック」と呼ばれるようになりました。

ワンポイントアドバイス(ブラックジャック)


下記の表はベーシック・ストラテジー (Basic Strategy)と呼ばれている基本的な戦術の一覧表です。
この表は確率を基にプレイヤーのアクションを選択しています。ベーシック・ストラテジーを参考にして勝負することをお勧めします。


※ページ内情報の無断転用を禁止いたします 株式会社ブライト
メールでの問い合わせ
070‐6484‐3304